HTTPステータスコードを適切に選ぶためのフローチャート : 難しく考えるのをやめよう | インフラ・ミドルウェア | POSTD HTTPステータスコードを返すというのはとても単純なことです。ページがレンダリングできた?よし、それなら`200`を返しましょう。ページが存在しない?それなら`404`です。他のページにユーザをリダイレクトしたい?`302`、あるいは`301`かもしれません。 I like to imagine that
Share this post:

Comments